チラシ掲載-注目企画・注目商品

タイミングとチラシ掲載アイテム選定が良ければ効果大の「レジにて○○%OFF」「レジにて○○円引き」

001_2ファッションセンターしまむらがチラシセールに組み込んだ「レジにて値下げ」+「レジにて○○円引き」。掲載アイテム選定と掲載時期・タイミングが合えば効果大。

004有名ブランド、例えば、ワコール・ウイング、トリンプ等の「レジにて○○OFF」のチラシセールは効果大。一品売価単価も高く、売上高も稼げる。しかし、問題は、このチラシセール企画で何%の粗利益率が確保できるか。有名ブランドメーカーが小売店に提示する納入原価は、小売店側にそれほどうま味はない場合が多い。

005ファッションセンターしまむらがチラシセールに組み込んだ、字自社PB商品・新素材「FIBER HEAT]の「レジにて○○%OFF」と「レジにて値下げ」。発熱・保温の新素材商品「FIBER HEAT」は、ユニクロのヒートテック、イオンのヒートファクトに次ぐ極めて認知度の高いブランドなのでチラシセール掲載による効果は大。

今、「旬の話題」をチラシセール企画

プロ野球球団 祝優勝&応援セール

014人気のあるスポーツ、例えば、プロ野球、甲子園高校野球、サッカー等で優勝したチームへの優勝祝賀セール、応援セールをチラシセール企画する小売店は結構多い。

GMS大手のイトーヨーカ堂も、プロ野球球団・巨人の応援セール、優勝祝賀セールや、甲子園高校野球地元チーム応援セール・優勝祝賀セールをチラシセール企画し、何本か打ちます。今、「旬の話題」の一つですが、このタイプのチラシセールは、打つタイミングが重要。

015_3
GMS・ユニーも、地元名古屋のプロ野球球団、ドラゴンズのペナントレース優勝祝賀記念セール、応援セールをチラシセールで打ちます。

今年は、女子サッカー・なでしこジャパンが世界一になったので、その優勝祝賀記念セール、応援セール、感動をありがとうセール等をチラシセール企画した小売店は少なくなかったように思います。「便乗商法」と揶揄されることもありますが、商機をつかんでチラシセール企画するのは小売店には必要なことでしよう。このタイプのチラシセールを打ち出すタイミングと切り上げ方さえ的確であれば、消費者の支持も得て、売上アップにつなげることができる。

「暖(あたたかさ)+節電」がテーマのチラシ販促セール企画

晩秋~初冬 チラシセール企画のテーマは「暖+節電」

010今年は電気を使わない節電型暖房器具の売れ行きが、前倒しで異常に売れているという話を聞く。

ある大手家電専門店チェーンでは、石油ストーブが前年同期比約14倍、石油ファンヒーターで約3倍の売行きとの話。

また、電気こたつ、電気カーペット等も売れている。

量販店チェーンでも、「暖+節電」に焦点を当て、テーマとしたチラシセール企画を展開している。発熱・保温インナーなどは「暖+節電」のテーマにぴったりの商品。流通小売業大手のイトーヨーカド堂も「あったか生活」をテーマにチラシセール、「秋の肌着まつり」を展開。

012ディリーファッションストア大手・パシオスの「暖+節電」をテーマにした「あったかスタイル」チラシセールを展開。発熱・保温の新素材、そして、保温力の高い素材を使った衣料品は、「暖+節電」のテーマにぴったりの商品。これら商品をチラシセール企画に取り上げ、積極的に売り込む。

新機能肌着-発熱・保温インナー②

他の小売業各社発売の発熱・保温インナー

001イトーヨーカ堂の「ボディヒーター」の認知度は、ユニクロのヒートテックや、イオンのヒートファクト、しまむらのファイバードライに比べれば、それほど高くありませんが、それでもよく知られた発熱・保温インナーブランドの一つです。

2011年度は7月29日に発売開始。取り扱い品目数は、前年の30品目から112品目に拡大。販売計画は前年の2倍以上の1000万枚。

003ユニーの発熱・吸湿インナーのヒートオンは、まだ知名度も低く、これからが勝負というところのように思います。

2011年度は9月15日より発売開始。取り扱い品目数は157品目。販売計画は430万枚。

005ディリーファッションストア大手・サミットコルモ・衣料館コルモピアも発熱・保温インナーの販売に力を入れています。

ブランド名はコスモス・プラス+

007ベビー・子供専門店チェーン大手の西松屋チェーンも、ホットラップのブランド名で発熱インナーを販売。

新機能肌着-発熱・保温インナー

チラシ掲載による新機能肌着-発熱・保温インナーを訴求

数年前から大手小売業各社は発熱・保温インナーの重点販売に力を入れ、年々、その販売数量を伸ばしています。いまでは、ほとんどの小売業者が発熱・保温インナーを取り扱っています。発熱・保温インナーで知名度の高い主要ブランドには次のようなものがあります。

①ヒートテック(ユニクロ)、②ヒートファクト(イオン)、③ファイバーヒート(しまむら)、④スゴ衣(ワコール)、⑤ボデイヒーター(イトーヨーカ堂)、⑥ぬくもりインナー(無印良品)、⑦ホットマジック(グンゼ)、⑧エコヒート(西友)、⑨ヒートオン(ユニー)、⑩あったかインナー(gu)

チラシに掲載された知名度の高い発熱・保温インナーブランドは、ヒートテック、ヒートファクト、ファイバーヒートです。その3ブランドのチラシ掲載の一つをピックアップしました。

001ユニクロのヒートテックは、発熱・保温インナーで最も知名度が高いものです。昨年度の販売数量は約8000万枚、2011年度の販売数量見込は前年比125%、約1億枚。2011年は7月25日から販売を開始。

006_3イオンのトップパリュー・ヒートファクトは、2011年度の販売目標を前年比160%の3200万枚に設定。2011年9月21日から全国のイオングループの店舗で販売開始。

004_5ディリーファッションストア最大手・ファッションセンターしまむらの発熱・保温インナー「ファイバーヒート」も、ユニクロのヒートテック、イオンのヒートファクトに次いで知名度の高いブランドです。品質の良さと低価格が強みですが、それを武器に、年々、販売数量を伸ばしています。

007ディリーフアッションストア「パシオス」も、ブランド名「プラチナヒート」で発熱・保温インナーを展開。