迫力のあるチラシ

迫力あるチラシのデザイン、レイアウト③

013大手食品スーパーマーケットチェーンが打ち込んだ直営衣料部門の割引セールチラシ。チラシサイズはB2ですが、その片面→B3サイズを使っています。食品スーパーマーケットが直営衣料部門のセールチラシにB3という大きなサイズを使うことは極めて少ないものです。しかし、この大手食品スーパーマーケットチェーンでは、「衣料品の高い粗利益率は魅力がある。衣料部門の縮小や、カットはしない」と考えているとのことですので、チラシサイズも大きくしているのかもしれません。食品スーパーマーケットが作った衣料部門のセールチラシですが、デザイン、レイアウト、色使い、文字表現など、なかなか上手なセールチラシで、迫力もあります。年に何回かこのタイプのセールチラシを打ち込んでいるようですが、食品スーパーの衣料品セールチラシだといって油断していると、量販総合フルライン衣料品店といえどもその足元をすくわれるかもしれません。

016大手量販総合フルライン衣料品店の「決算処分セールチラシ」です。チラシサイズはB3、グランド地は黄色、大きなセールタイトル文字で、迫力あるセールチラシになっています。また、決算大処分・7割引~5割引+「限割(限定割引)45%引き」の組み合わせた、かなり強烈な低価格訴求型セールチラシ。このタイプのセールチラシを決算恒例のチラシとして定型化しているようです。きっと、お客の頭の中に、この店の決算処分セールはしっかり刷り込まれていることでしょう。

017このタイプのチラシは、よく見られるセールチラシですが、取り上げたわけは、B3サイズの片面を使っているところです。ちょっともったいない使い方とは思いますが、インパクトはかなりありそうです。2割引のところが、3割引、4割引だったらきっと大きな集客力のあるセールチラシになるのではないかと思われます。黄色のグランド地に、2割引の大きな文字、訴求点が分かりやすく、きっと、効き目の高いセールチラシであったと思われます。単純すぎるようですが、このように、一目見れば、即、何をやっているかが分かるセールチラシにも捨てがたいものがあります。

迫力のあるチラシのデザイン、レイアウト②

007大手量販総合フルライン店が打ち込んだ「端境期の値下げ処分セール」のチラシ。チラシサイズはB3、両面、黄色のグランド地に、セールタイトルは黒の大きな文字、迫力、抜群のセールチラシです。値下げの表現は、端境期ということもあり、○○割引で表現していますが、7割引、6割引、5割引は強烈。ある調査データによれば、「5割引」以上をうたったセールチラシは信用度が低いとありましたが、それはともかく、この割引率の高さに動かされた顧客も相当、あったかもしれません。

010量販総合フルライン衣料品店が、端境期に打ち込んだ「処分セールチラシ」です。チラシサイズは縦長・B3で、かなり迫力のあるチラシです。タイトルコピーも意表を突いた表現で、なかなか面白い。年1回・打ち込みの、恒例のセールチラシにしたら効き目があると思われます。このタイプのセールチラシは、売れたからといって何度も同じタイプのセールチラシを年に何度も打ち込んだりすると、1年間で使えなくなってしまうでものと思われます。

012ディリーファッションストア大手のパシオスが、これとよく似たタイプのセールチラシを展開しています。チラシサイズは縦・B3。チラシの黄色部分に商品名を書きこんでいますが、見やすく、分かりやすく、かつ、インパクトのあるセールチラシのひとつです。売上不振時に、元気づけのセールチラシとして打ち込むと効き目がありそう。ちよっと激しい色使い、文字使いではありますが、そこがこのセールチラシのポイント。

 

迫力あるチラシのデザイン・レイアウト①

001有力地方百貨店が打ち込んだ迫力ある販促セールチラシ。チラシサイズは「縦・B3」。効き目、抜群のセールチラシだったとの話を聞きましたが、この地方百貨店は、これを人気セールとして、店恒例のお祭りセールにしたとのこと。このセールチラシのデザイン、レイアウト、価格表現などを、そっくりコピーして展開した店がありましたが、やはり、相当の効き目があったと言っていました。他の店がやったセールチラシを、そのままコピーして使うことに抵抗感がある人もいると思いますが、一度、そのエキスといいますか、「いいとこ取り」で、取り入れてみるのも一つの考え方と言うものではないでしょうか。

003このタイプのデザイン・レイアウトのセールチラシは、今では、結構、目にしますので、別に、驚きを感じることもないかもしれません。しかし、最近では、大手GMSも、このタイプのセールチラシを打ち込んできます。このチラシもそうですが、さすが大手GMSといいますか、デザイン、レイアウト、低価格訴求等の表現が上手です。割引率を3割引、4割引に変えれば効き目はありそうです。

005大手GMSが打ち込んだ「端境期の値下げ処分・割引セールチラシ。ショッキングピンクの色使いと、商品名を縦書きにしたところが面白い。やはり、端境期に展開されたセールチラシですが、今では、割引率を3割引以上~5割引にもっていかないと、効き目が無いかもしれません。参考にしたいところは、チラシのデザイン、レイアウト、色使いです。