10月のチラシ

2013年10月のチラシ-大創業祭・○○周年祭

2013年10月のチラシ-大創業祭・○○周年祭

10月のチラシ販促セールでは、「創業祭」、「○○周年祭」を打ち出す店が結構あります。10月という月は、秋~冬への移行時期ですが、冬物は、まだ、品揃えの第一段階であり、冬物を中心にしたセールを打つのは時期的にやや早すぎます。また、秋物を中心にしたチラシセールを売っても、売上はそれほど期待できないと考えられますので、もっとパンチのあるセールタイトルとして「大創業祭」や、「○○周年祭」を打ち出し顧客動員をはかる店が多いのではと思われます。

ファッションセンターしまむらの大創業祭

1310_0042013年10月におけるファッションセンターしまむらのチラシ販促セール本数は7本ですが、そのうちの3本は「大創業祭・第1弾~第3弾」のチラシです。

ファッションセンターしまむらが10月に打ったセールチラシは以下のとおり。

①10/2-6 B3・感謝祭セール!②10/12-15 B4・Autumn Collectipn

③10/16-20 B4・すてきな冬はじまる

④10/18-20 B4・緊急お買得企画・金土日3日限り

⑤10/23-27 B3・大創業祭(第1弾)

⑥10/26-29 B4・大創業祭・第2弾

⑦10/30-11.4 B3・大創業祭・第3弾

1310_009ファッションセンターしまむらの大創業祭・第1弾セールチラシ。10月23日限りの超目玉品は「しまむらならではの、かなり安い価格」設定。

1310_015_2

ファッションセンターしまむらの大創業祭・第3弾セールチラシ。総花的セールチラシですが、写真・モデルを見ればファッションセンターしまむらは、「ターゲットをヤングレディス」に設定していることがハッキリ分かります。

1310_019パシオスの「パシオス会社設立 65周年祭」セールチラシ(チラシサイズB2)。ファッションセンターしまむらと同様、パシオスもメインターゲットをヤングレディスに設定しているのが見て取れます。

2012年10月のチラシ②

2012年10月のチラシ②

013サミット・コルモは、最近、このタのセールチラシをかなりの頻度で打ち込んでいます。。「なにをやっているか」が一目で分かる、シンプル、かつ、単純明快、インパクトのあるセールチラシですが、間を取らないと効き目が低下するかもしれません。この手のセールチラシは、打ち時と、間の取り方がポイントになるのではないかと思います。

016
パーティハウスの「赤札 半額」セールチラシ。「半額」の文字を数多く組み入れたパーティハウス得意のタイプ。ちょっと「くどさ」も感じますが、これくらい「しつこく」打ち出した方が効き目があるのかもしれません。

018ファッションセンターしまむらに次ぐ、ディリーファッションストア大手「ファッション市場サンキ ニューサンキ店」のセールチラシ。定番となった感のある超目玉品・「男女児ソックス50円」を組み入れ、300円、500円をた強力な低価格訴求セールチラシ。ファッション市場サンキ独特の多色使いと文字使いです。

021_2
ファッションセンターしまむらは、この、しまむらグループ60年・「大創業祭」のタイトルセールチラシをかなり長期間使っています。大創業祭への意気込みと、力の入れ方が見て取れます。10月の売上の「山づくり」を狙ったセールチラシなのでしょう。

2012年10月のチラシ①

2012年10月のチラシ①

006ファッションセンターしまむらは、2011年の重点課題のなかに、(1)ブランド化に向けた商品計画、(2)ブランド化に向け、専門店を意識した売場づくり-トレンド・コーディネイト提案の強化、をあげています。この、「秋の超得 Thanks Sale」にも、「HK WORKS LONDON」、「Girly Modern Coordinate」、「Feminine Coodinate」等の表現で強く打ち出されています。ブランド化と提案型売場づくりに連動させた販促セールチラシ。

008_2

大きな文字使いと、赤黒のカラー使いでのセールチラシづくりが上手なパーティハウスのセールチラシ。「50%OFF!!」の打ち出しを、これでもかというほど組み込んでいます。秋物・オールシーズン商品完全売りつくしのコピーと連動させて、訴求力を強化している。

010_3サミットコルモ・衣料館コルモピアの定型化・定番化されたセールチラシ。超目玉品50円の打ち込みと、200円、500円の低価格訴求を組み合わせインパクトを強化した、東京の激安店と言われるサミット・コルモならではのセールチラシ。

012_2ファッションセンターしまむらの定型化された「商品限定・30%OFF」セールチラシ。この手のセールチラシに見るファッションセンターしまむらの「商品アイテム選定のうまさ」には見習うべきところ、研究すべきところが沢山あるのではないかと思います。

10月下旬-冬物実売突入時期に、 「暖」+「エコ」がテーマのチラシセール

001ファッションセンターしまむらの「暖」がテーマのチラシセール企画。「暖」のテーマは、アウトウェア、インナーウェア、寝具インテリア等、多くの商品分野で使える。

003
ファーストリティリング・グループの「ジーユーg.u」の「暖」+「低価格訴求」をテーマにしたチラシセール企画。掲載品目数は少ないが低価格訴求力は高い。

007ユニー・アピタの「暖」+「エコ」をテーマにしたチラシセール企画。幅広い商品分野から掲載品目を選び、GMSの総合力と品揃えアイテムの豊富さで勝負。

10月下旬の大型チラシセール企画

034ファッションセンターしまむらの10月下旬の大型チラシセール企画「大創業祭」。昨年の「大創業祭」は、2010年10月27日に第1弾、30日に第二2弾、11月3日に第3弾、11月6日に第4弾を展開しています。

031パシオスの恒例大型チラシセール企画「秋のSALE」。昨年、2010年も、10月27日にパシオス10月祭と同時開催で「秋のSALE」を打っています。

024_2
イオンが積極的に押し進めているPB商品・「トップパリュー」の宣伝チラシ。「良質+低価格+開発商品品目数の多さ」を訴求。「トップバリュー」は、大手GMSが開発しているPB商品としては大規模、広範囲。消費者の支持を着実に獲得している。セールチラシではないが、年に何回かは、消費者の認知度アップのために打ち込みたいタイプのチラシ。

「暖」に焦点を当てたチラシセール企画 10月下旬

022今年の冬の主テーマは「暖+節電+エコ」。夏の主テーマは「涼+節電+エコ」でした。多くの小売店が、冬の入口である10月下旬に「暖+節電+エコ」に焦点を当てたチラシセール企画を打っています。イオンも「ぽかぽかあったかライフ」のタイトルでチラシセール企画を展開。

027ユニー・アピタもPB-発熱・保温素材「ヒートオン」を柱にして「暖+節電+エコ」をうたったチラシセール企画を打ち出している。

005
西友もPB-発熱・保温素材「エコヒート」を柱にして、「暖+エコ」がメインタイトルのチラシセール企画を展開。

10月上旬の大型チラシセール企画

10月祭、大創業祭、祭

10_002ディリーファッションストア大手・パシオスの大型チラシセール企画-10月祭(B2サイズ)。

パシオスは、チラシメインタイトル-○○月祭を恒例チラシセールとして打っていますが、この10月上旬の10月祭はB2サイズで力が入っています。10月は、品揃えが秋~冬への移行期ですが、冬物の入り口で売上を稼ごうという狙いの大型チラシセール企画。これは10月祭チラシB2サイズの表面・左側。

10_004パシオスの大型チラシセール企画・10月祭-B2サイズチラシの表面・右側半分。500円均一、700円均一、1000円均一の構成で低価格とお買い得を訴求。デザイン、レイアウト、色使い、ともに巧み。

10_006_2ベビー・子供専門店チェーン大手-「西松屋チェーン」の大型チラシセール企画「大創業祭」。冬物商戦の第一ステージから大創業祭という大型チラシセール企画を打ち込んでいます。西松屋チェーンの強さである「良品質+低価格訴求力」を全面に打ち出している。冬物商戦の初戦から大きな売上確保を目指す。

023_3ディリーファッションストア大手・サミットコルモの恒例大型チラシセール企画。第1弾~第3弾まであるが、これは、第3弾の表面と裏面。半額・90円・200円・300円等で強烈に低価格訴求。

サミットコルモ 2010年10月のチラシ

201010_026 サミットコルモ(衣料館コルモピア)の2010年10月の販促セール本数は5本(前年同月は4本)。

①8/6-11・コルモピア祭・第1弾、②8/9-11・コルモピア祭・第2弾-現金ご返金セール・1割引、③8/13-17・コルモピア祭・第3弾、④8/20-24・第4弾、⑤8/27-31・衣料品全品・ポイント10倍セール。

201010_029 9日立ち上げの「衣料品全品・お買上金額より1割引-現金ご返金セール」は、衣料館コルモピアの定型・定番型のセールチラシ。年に何回か、このタイプのチラシを打ちこんでいるところをみますと、売上アップに効き目のあるセールチラシのようです。赤色と黄色に、大きな文字のセールタイトルコピー、セールの訴求店が一目で分かる、インパクトのあるチラシではないでしょうか。集客力も高そうです。

201010_031

13日からの「コルモピア祭・第3弾」のセールチラシ。超目玉品20円+「半額」を組み合わせ、集客力強化を図っています。デザイン、レイアウトのバランスもよく、見やすく分かりやすいチラシ。衣料館コルモピアは、チラシに、「半額」の文字を頻繁に使いますが、「半額」の文字数も、このチラシぐらいの数の抑えたほうがいいように思うのですが・・・・・・・。

201010_032 

27日立ち上げの「衣料品全品ポイント10倍セール」のチラシも、衣料館コルモピアの定型・定番型セールチラシになっています。売上不振で苦しんでいる時に打ち込むカンフル剤的セールチラシといいますか、ここ一番の勝負に強いチラシのようです。ポイント10倍+商品限定「半額」+商品限定3割引、という強力な組み合わせで、サミットコルモ得意のパターンとも言っていいセールチラシです。サミットコルモは、このタイプのセールチラシを年に数回打ち込んでいますから、「当てになるセールチラシ」の一つではないかと思われます。

あかのれん 2010年10月のチラシ

201010_019 あかのれん、2010年10月の販促セールチラシ本数は4本で、前年同月4本と同じ数。

①10/6-11・秋本番+期間限定5割引!!、②10/13-17・特報!! 激安大放出、③10/20-24・開店記念祭、④10/27-31・開店記念祭。

10月6日立ち上げの「秋本番・期間限定、商品限定 5割引」のセールチラシは、すでに何回か使われおり定型・定番型チラシと言えそうです。チラシのデザイン、レイアウト、文字使いとその配置など、とても迫力があります。「パッと見で」、なにかお買得品がありそうと思わせるものがあります。このチラシを何回か打ち込んでいることを考えますと、かなり効き目のあるセールチラシなのではないかと思われます。

201010_021

13日からのセールチラシ「特報 激安大放出」も、あかのれんの定型・定番型チラシになっていると思われます。年に数回、このタイプのセールチラシを打ち込んでいます。グランド地は黄色、紙はザラ紙ですが、迫力があります。「激安大放出」のセールタイトルコピーと「秋物大幅値下げ レジにて5割引、7割引」の組み合わせは強力。お客に何を訴えたいか、伝えたいかが、一見してすぐ分かるセールチラシです。

201010_023 「特報 激安大放出」セールチラシの裏面。催事場での「100円・200円・300円・480円の超目玉品セール」と、下段の「商品限定 期間限定 30%引き~50%引きの”限割”」の組み合わせた低価格訴求力のあるセールチラシになっています。表面、裏面、ともに、迫力のあるセールチラシではないかと思います。

201010_02410月20日と、27日に打ち込まれたセールチラシ「開店記念祭」、前年同月のほぼ同期間にも、これとほとんど同じタイプのものが展開されています。あかのれんは、このタイプのセールチラシを年に何回か打ち込んでいますが、私的には、あまりインパクトを感じません。見なれたセールチラシということもあるかもしれません。しかし、本年も、前年も、同月・同期間に、「2弾続け打ち」していることから、思うに、あかのれんでは集客力のあるセールチラシの一つであることも考えられます。

パシオス 2010年10月のチラシ

201010_010 パシオスの2010年10月の販促セールチラシ本数は4本で。前年同月、2009年10月の販促セールチラシ本数5本より1本減。2010年10月の実績は以下の通り。

①8/6-11・B2・10月祭・パシオス感謝セール+秋冬トレンド・パシオスヒート、②8/16-17・B4・肌着くつ下祭、③8/20-24・B4・最旬コーデ特集、④8/27-31・B3・パシオス10月祭・秋のSALE SALE。

201010_013 前年同月、2009年10月には、7日にB2で「10月祭・第1弾」、14日にもB2で「10月祭・第2弾」を打ち込んでいました。しかし、本年の10月祭は、6日立ち上げで、B2の「パシオス感謝セール」1本だけになっています。前年の10月祭の売上高は期待ほどではなかったからかもしれません。

201010_015 27日のB3・「秋のパシオス10月祭-秋のSALE SALE SALE」は、新しいデザイン、レイアウトでの10月祭です。パシオスがチラシづくりの巧者であることは、以前から何度も言っていますが、このセールチラシにもその巧さが出ているように思います。中央部にセールメインタイトルコピーを「大きな文字で目立つように」配置、その両脇に、品目限定の「4割引、5割引」、そして、「超目玉品100円、300円」を組みこんだデザイン、レイアウトは、なかなか見せます。

201010_017 27日に打ち込んだ「パシオス10月祭」セールチラシの裏面。”「ナチュカジ」で行こう”の提案型テーマを打ち出していますが、同時に、下段に、670円、890円、970円の低価格訴求の目玉商品コーナーを組み入れて、集客力アップを図っています。パシオスが「よく使うタイプのデザイン、レイアウト」のセールチラシですが、手慣れているせいか、きれいにマトマリすぎていて、いまいち、迫力に欠けるとおもうのですが、はたして、このセールチラシは効いたでしょうか。大いに興味があります。