« 2013年6月~7月のチラシ② ファッションセンターしまむらの「夏物バーゲンセール」ストーリー | トップページ | 2013年9月のチラシ »

2013年8月のチラシ 夏物最終売りつくし

8月-「夏物最終売りつくしセール」

2013年の夏(7月~8月)は「異常気象」だったと気象庁。とりわけ、8月の、猛暑、酷暑、いままで経験したことのない大雨・豪雨、洪水、突風、竜巻等は「異常気象」と「おおきな天候異変」を感じさせた。夏が暑いのは、衣料品商売にとって、決してマイナス要因ではなく、むしろ、夏物衣料の売れ行きアップのプラス要因と言える。しかし、一方、厳しい残暑、暑さが長続きし、彼岸を超えても続くようだと、今度は「秋物衣料の売行き」に大きな影響が出る。9月に入っても、いっこうに衰えを見せない夏の猛暑、酷暑は「秋物商戦の立ち上がり」の足を引っ張ることになるかもしれない。

003
2013年夏・8月におけるGMS・イトーヨーカ堂の夏物衣料の「最終処分売りつくしセール」のストーリーは以下のとおり。

①7月31日~8月12日-「夏物衣料 ラストチャンス 売りつくし」

②8月7日~12日-「秋に活躍の衣料品も、すでに値下げしている夏物衣料もさらに値下げ-今ついている価格から 空前の大3割引 大バーゲン」

③8月24日~9月1日-「特設コーナー 夏物衣料売りつくし 商品入れ替えのため、さらに大幅割引 半額・3割引き」

006「夏物衣料最終処分売りつくしセール」第2弾のチラシ。セールタイトルを大きな文字で書き込んだデザイン・レイアウトの、かなり強烈な訴求のセールチラシです。しかし、これは、イトーヨーカ堂の夏物衣料・最終処分売りつくしセールで、定型化、定番化されている一連の流し方であると言ってもいいかもしれません。この「流し方」を、もう、数年続けているところをみると、きっと、かなり効き目があるものと思われます。

007

イトーヨーカ堂が、特設コーナーを設けて展開する「夏物衣料 売りつくしセール」は、夏物処分セール・ストーリーの最終段階と言えます。この段階では、売場は、すでに、100%秋物展開になっており、その売場には「夏物残品を組み込まない」というのがこの時期の売場づくりのルールになっているのかもしれません。

001
ファッションセンターしまむらの「夏物衣料最終処分売りつくしセール」の第1段階のチラシ。アイテム限定・2日間日替わり-緊急値下げ-レジにて3割引」ですが、これは、しまむらが、夏物最終処分売りつくしセールの入口で展開するすでに定番化・定型化されているセールチラシと言ってもいいでしょう。

 

« 2013年6月~7月のチラシ② ファッションセンターしまむらの「夏物バーゲンセール」ストーリー | トップページ | 2013年9月のチラシ »

8月のチラシ」カテゴリの記事