« あかのれん&サミットコルモ 2011年4月のチラシ | トップページ | 2011年・夏場(7月~9月)のセールチラシ折込日 »

2011年4月のチラシよりピックアップ

002ファッションセンターしまむらの「創立59周年 大創業祭」のセールチラシ。チラシトップ(上段)に、「トレンド+吸水速乾」を打ち出し、夏物のセールであることを強調。また、超目玉品で、50円、150円、300円にプラス、創立59周年・記念プライス590円を組み入れ、低価格訴求。デザイン、レイアウト、文字使い、カラー使い等、創業祭のチラシとしてはよく見られるタイプで、これといった特徴はない。

004

あかのれんの「初夏の総力SALE-②」。このセールチラシは定型化・定番化されており、ここは数年間、同じタイプのチラシが展開されている。100円、200円、300円、380円、480円の超目玉品コーナーの組み入れ低価格訴求。集客パワーのあるセールチラシのようです。

009

サミットコルモ・衣料館コルモピアは、この「衣料品全品 お買上げ金額より1割引 現金ご返金セール」を、前年は、4月に2回(4/3-5、4/21-25)、あと10月に1回(10/9-11)、計・年3回打っています。このタイプのセールチラシは乱発すると効き目が無くなりますが、年3回くらいならその心配はしなくてもいかもしれません。ただ、前年4月のように、月に2回も打ち込むのは、いくら売上が獲りたいとはいえ、あまり賢明な販促策とは言えません。

012大手GMS・イチーヨーカ堂でも、このセールチラシのような「激しい表現のチラシ」を打ちます。なにをやっているか、何を訴えたいかが、一目瞭然、単純明快なデザイン、レイアウト、文字使いのセールチラシです。フルカラーで、写真をチマチマいれたセールチラシより、はるかにパンチが効いています。端境期、商品入れ替え時には、これくらい大胆な表現のセールチラシを入れる方が集客アップ、売上アップができると思います。

 

« あかのれん&サミットコルモ 2011年4月のチラシ | トップページ | 2011年・夏場(7月~9月)のセールチラシ折込日 »

4月のチラシ」カテゴリの記事