« あかのれん 2010年12月のチラシ | トップページ | 効果が高い新聞折込チラシとは・・・ »

サミットコルモ・衣料館コルモピア 2010年12月のチラシ

2010_032 サミットコルモ・衣料館コルモピアの2010年12月の販促セールチラシは6本(前年同月は5本)、各セールチラシの展開期間及びセールメインタイトルコピーは以下のとおり。

12/1-5・「冬の総力祭 第1弾」(前年は、12/2-6で「20周年記念セールを打った)

12/8-12・「冬の総力祭 第2弾」(前年は12/9-13に「20周年記念セール第2弾」を展開)

12/11-13・「冬の総力祭 第3弾」

2010_033

12/15-19・「冬の総力祭 第4弾」

ここまで、販促セールチラシのメインタイトルコピー「冬の総力祭」を4回連続して打ち続けています。全く同じセールメインタイトルコピーを4回も続ける、どうしてもとインパクトが弱くなりますが、それをなんとか避けようといろいろ工夫しているようです。例えば、12/11-13の「冬の総力祭」では、11日限定の「半額」、12日は「衣料品全品ポイント10倍セール」の組み合わせで構成し、かなり強力なインパクトのあるセールチラシになっています。そのため、メインタイトルコピー「冬の総力祭」は、影が薄くなったように思われますが、それでもいいのではないでしょうか。

12/22-26・「衣料品全品1割引セール」

12/28-31・「今年最後のチャンス-歳末4日間セール-お楽しみ袋」

2010_036 12/22日、立ち上げの「衣料品全品1割引セール」、この定型化されたセールチラシをサミットコルモは、時々、打ち込みますが、きっと、かなり大きな集客力、大きな効き目があるのでしょう。なんといっても、割引商品まで対象とした「御買上金額より1割引セール」です。売れれば売れるほど、粗利益率が低下するというリスクがありますが、そのへんは「軽減の手」をしっかり打っているものと思われます。「ここで、どうしても売上が欲しい」という時の「必殺チラシ」のようにも見えます。

2010_038_2

サミットコルモ・衣料館コルモピアの販促セールチラシは、ファッションセンターしまむらや、パシオスのセールチラシには無い「独特の味」をもっているように思います。デザイン、レイアウト、文字使い、カラー使いなどの面に、「これぞ、衣料館コルモピアカラー」と言える、とても個性的な表現が見られます。それが、お客さんに「衣料館コルモピアは都会の激安衣料品店」と言わせているのではないかという気がしています。はたして、お客さんはどう感じているのでしょう。聞いてみたいものです。

« あかのれん 2010年12月のチラシ | トップページ | 効果が高い新聞折込チラシとは・・・ »

12月のチラシ」カテゴリの記事