« パシオス 2010年9月のチラシ | トップページ | サミットコルモ 2010年9月のチラシ »

あかのれん 2010年9月のチラシ

2010_017 あかのれん、2010年9月の販促セールチラシ本数は5本で、前年同月(2009/9)と同数でした。セールチラシのメインタイトルコピーをみると、ほとんど同じタイトル、内容のものが3本あります。一つは、本年、9/1-5「秋一番・ポイント10倍セール+限割」、これとほとんど同じ内容のものが、前年同月の9/2-6に打ち込まれています。もう一つは、9/22-26「秋市・パート1」と、9/29-「秋市・パート2」、この3本。2年連続で、同じセールタイトル、同じ内容のセールを打っているのは、このセル企画に効き目があったからと思います。少なくとも、3~4年、この傾向は続くでしょう。

2010_020 セールメインタイトル、「秋のお買得祭」は、前年同月につかっていませんが、前年同月のほぼ同期間に、これと似た内容のセール・「秋の得々バザール」を打ちこんでいます。あかのれんも、他社同様、効き目のあったセールチラシ企画は「前年踏襲型」でやっているのが分かります。前年、効き目のあったセールチラシの裏番組は、やはり、そっくりそのまま同じタイトル、同じ内容の企画で翌年やっても効き目があるということでしょうか。この傾向は、しまむら、パシオスでもよく見受けられる傾向です。

2010_021

「秋の大感謝祭」というセールタイトルコピーは、同業他社でも、よく使われます。したがって、新鮮さには欠けます。しかし、あかのれんの「秋の大感謝祭」セールチラシを見ますと、総花型ですが、①催事場で展開する「均一奉仕・100円均一、200円均一、300円均一、480円均一」と、②「限割」・40%割引」、この二つが組み込まれており、強烈な価格訴求セールチラシに組み立てられています。したがって、集客効果はかなり高いと思われます。

2010_023

「あかのれん名物・秋市」とセールタイトルコピーにするほど自信のある販促セール企画だと考えられます。さらに、本年は、「秋市・パート1」、「秋市・パート2」と、連続しての2弾打ちをやっているところをみると、このタイプのセール企画チラシ、「春市」、「夏市」、「秋市」、「冬市」、いずれのセールチラシも、集客力、売上アップの力、ともに高いと考えていいようです。定型化した、恒例の名物セール企画として、かなり長い年数、何年も使われるような気がします。

« パシオス 2010年9月のチラシ | トップページ | サミットコルモ 2010年9月のチラシ »

9月のチラシ」カテゴリの記事