« 2018年3月 | トップページ

イトーヨーカ堂の商品別売上高&売上構成比の推移を見る

GMS・イトーヨーカ堂の商品別売上高&売上構成比の推移

①株式会社セブン&アイホールデングスの各期『決算補足資料』をもとに作成。

006この表は、イトーヨーカ堂の商品部門別売上高とその売上構成比の推移をまとめたものです。(期間は2012/2月期~2018/2月期の7年間)

これを見ると、以下のことが分かります。

(1)2012年2月期~2018年2月期、この7年間におけるイトーヨーカ堂の商品別売上高、商品合計売上高、ともに年ごとに減少、落ち込んでいる。

①2012年2月期・衣料売上高・約2221億8000万円→2018年2月期・約1625億8900万円、この7年間で約596億円の減。

②2012年2月期・食品売上高・約6485億600万円→2018年2月期・約5536億7000万円、この7年間で約948億円の減。

③この2部門の売上高の減少が続いている大きな要因の一つは、「イトーヨーカ堂の年ごとの閉店店舗数、すなわち、店舗数減→売場面積減」にあると考えられます。

③2012年2月期の期末自営売場面積1665268㎡→2018年2月期の期末自営売場面積1490522㎡、この7年間で約174746㎡(約53000坪)の減。単純に、「売場面積の減が、即、売上高減をひきおこす」とは言えませんが、しかし、これだけ大きな数字の売場面積減となりますと「話は違ってくる」と思います。(もちろん、消費者動向、時代の消費変化、品揃え力の劣化、等も売上減の要因にはなりますが・・・・・・)

(2)商品別売上高構成比の推移を見ると、「衣料の売上構成比が減少し、一方、食品の売上構成比は、凸みひっこみの山はあるが増加している」。

①2012年2月期の衣料売上構成比は約20.93%→2018年2月期には約18.44%。この7年間で約2.49ポイントの減。

②一方、食品は、2012年2月期・食品売上構成比・約61.08%→2018年2月期・約62.82%、この7年間で約1.74ポイントの増。

③この、①、②、2つの数字は、一見、小さな数字に見えますが、かつて、衣料のイトーヨーカ堂と言われたGMS・イトーヨーカ堂と言えども、「食品強化の道」に進まざるを得ない、というか、「その道しかない」のではないかと推察されます。最近のイトーヨーカ堂の売り場改装でも、食品売り場の改造・大幅な改革(売場レイアウトの大幅な手直し、陳列形態の変化、商品陳列線の高さの変化、陳列什器の変化、品揃え品目数の増等)が見られます。(例えば、千葉県我孫子市・エスパSCのイトーヨーカ堂・食品売り場大改装等)。

「日本では、GMSの時代は終わった」という話も聞きますが、これから先、日本の大手GMSは、どう変化していくのか」、とても興味のあるところです。その変化する姿を、継続的にウォッチしていこうと考えています。

|

大手GMSの商品部門別売上高&売上構成比を見る

大手GMSの商品部門別売上高&売上構成比等

2017/2期における大手GMS7社の、①商品部門別売上高、②商品部門別売上高構成比、③商品部門別粗利益率、を見ると、以下のことが言えそうです。

(1)商品部門別売上高では圧倒的に「食品」の売上高が高く、GMSの大型食品スーパーマーケット化→スーパースーパーマーケットの構築が見られる。

渥美俊一氏著『SSMに軌道をとれ』(14頁に記載)によれば、スーパースーパーマーケット(SSM)における、食品売場面積は300坪~450坪、非食品売売場面積250坪~350坪、合計500坪~800坪。スーパースーパーマーケット全体計の売場面積は600坪~1000坪としています。

(2)商品部門別売上高構成比でも、当然のことながら、食品の売上構成比が断然高く、低いところでも約58.7%(イオンリテール)、高い数字では約77.7%(平和堂)。

食品売上高構成比が70%以上のところは、ユニー・72.2%、フジ・75.5%、平和堂・77.7%の3社となっています。

Gms_006_3上図は、各社の商品部門別売上高構成比の横棒グラフです。食品は「赤色の横棒グラフ」ですが、見ての通り、一目瞭然、圧倒的に食品の売上高構成比が高い。

Gms_001
各社の商品部門別粗利益率のグラフです。7社ともに衣料の粗利益率が他の部門より高く、食品が最も低いのが見て取れますが、これはどのGMSも同じ。

Gms_010表は、上記の(1)、(2)、そして2つのグラフの作成の元データ表です。

|

ファッションセンターしまむら業態(単体)の動向を見る

■ファッションセンターしまむら業態(単体)の動向

  ※しまむらグループの各期『決算概要』をもとに作成

既存店売上高前年比の推移

既存店売上高前年比は、その店の実力を見る重要指標の一つ。ファッションセンターしまむらの『売上速報」より作成。

会計年度   既存店売上高前年比(%)

2013/2・・・・・99.5%

2014/2・・・100.0%

2015/2・・・104.7%

2016/2・・・101.1%

2017/2・・・・97.0%

注①しまむら業態の会計年度1年(2月21日~翌年の2月20日)

注②各期期末既存店数→(各期期末店舗数-前期出店数)

   2013/2→2012/2.21~2013/2.20

   各期既存店比率→(各期既存店数÷各期期末店舗数)

注③ファッションセンターの既存店比率は各期約80%~85%前後が多い。

   既存店数が期末店舗数に占める割合は圧倒的に多い。

衣料品購買高に占める売上シェア

目標は売上シェア10%

会計年度   しまむら業態の売上シェア(%)

平成26年度・・・・・6.1%

平成27年度・・・・・5.9%

平成28年度・・・・・6.1%

平成29年度・・・・・6.5%

平成30年度・・・・・6.7%

注①しまむらグループ各期『決算概要』をもとに作成 

注②ファッションセンターしまむら業態が、家計調査年報の衣料品購買高のうち、当社取扱品目を抜粋し、それら品目の合計衣料品購買高を計算し、しまむら業態の売上シェアを計算したもの。

注③売上シェアは微増ではあるがアップしている。目標は全国シェア10%。

坪当たり年間売上高の推移

年間坪当たり売上高100万円で、利益が出せる経営コスト構造が強み。

会計年度   売場坪当り年間売上高(万円)

平成26年度・・・・・・99.4万円

平成27年度・・・・・・99.4万円

平成28年度・・・・・104.0万円

平成29年度・・・・・104.9万円

平成30年度・・・・・100.7万円

注①しまむらグループ・各期『決算概要』をもとに作成・

注②各期『決算概要』の「県別売上高・売場面積」をもとに計算・作成。

各期年間売上高÷期末売場面積(㎡)×3.3=売場坪当り年間売上高

■ファッションセンターしまむら業態の、①既存店売上高前年比の推移、②売場坪当たり年間売上高の推移を見ていくと、「ファッションセンターしまむら業態の成長率がやや鈍化している」ように思えます。しまむら業態の店舗数がさらに増えていけば、この傾向は続くのではないでしょうか。

|

« 2018年3月 | トップページ