« 2016年7月 | トップページ | 2017年1月 »

株式会社そごう・西武の業績推移を見る (その2)

株式会社そごう・西武の業績推移を見る (その2)

①株式会社そごう・西武-商品別売上高の推移

017(図-1)は、株式会社そごう・西武の2011年2月期から2016年2月期における商品別(衣料・食品・雑貨)売上高の推移グラフです。これを見ると次のことが分かります。

●商品別で最も売上高の大きい衣料売上高の減少が続いています。

衣料売上高は、2011年2月期が約3844億1900万円→2016年2月期・約3172億6千万円。この期間で約671億5900万円も減少しています。おそらく、収益構造に大きなマイナス影響をおよぼしているものと考えられます。

一方、食品と雑貨の売上高は、「食品は微減」、「雑貨は微増」という流れが続いています。したがって、衣料の大幅な売上高減が商品売上高総計の足を引っ張っていることは明確です。これは百貨店の商品経営にとって、「致命的な弱点」といいますか、「なんとしても手を打たねばならない重要経営課題であり、必死の取り組みが求められる」ものではないかと考えられます。

②株式会社そごう・西武-商品別売上高構成比の推移

023(図-2)は、株式会社そごう・西武の、2011年2月期から2016年2月期における「商品別売上高構成比の推移グラフ」です。これを見ると次のことが言えます。

●衣料品の売上高構成比が約60%から約56%と、減少傾向にあるとはいえ、食品、雑貨の売上高構成比に比べ断然高いのが見て取れます。「衣料がコケたら、百貨店の商品経営は崩壊する」と言ったら言い過ぎでしょうか。それほど、「衣料の売上高の減少は大きな経営リスク」になるのではないかと思われます。

③株式会社そごう・西武-商品別粗利益率の推移

025(図-3)は、株式会社そごう・西武の、2011年2月期から2016年2月期における「商品別粗利益率の推移グラフ」です。これを見ると次のことが言えます。

●百貨店の衣料の粗利益率は、GMSの衣料、衣料専門店と比べて、「かなり低い粗利益率」であると思われます。(GMSの衣料の粗利益率は約35%から39%、専門店は、商品商品調達形態にもよりますが、約35%から約45%、SPA型衣料専門店で粗利益率が約50%超のところもある)

「百貨店は商品経営リスク(在庫リスク、値下げリスク等)をとらない」、「百貨店は、単なる場所貸し業だ」などと、よく言われますが、実際、それが「百貨店衣料の粗利益率の低さ」の要因の一つなのかもしれません。これから先、百貨店の商品経営の形がダイナミックに改革され、GMSの衣料、そして、SPA型衣料専門店に「ひけを取らない高い粗利益率の確保」ができるようになることを期待したいものです。

031

|

株式会社そごう・西武の業績推移を見る (その1)

株式会社そごう・西武の業績推移を見る (その1)

株式会社そごう・西武の2011年2月期から2016年2月期における業績推移を、「セブン&アイ・ホールディングス-各決算期・決算短信、主要会社の決算概要」等をもと資料作成。

①株式会社そごう・西武の売上高及び既存店売上伸び率の推移

003(図-1)は、株式会社そごう・西武の、2011年2月期から2016年2月期における「売上高と既存店売上伸び率(前年比)の推移グラフです。これを見ると以下のことが言えます。

●売上高は減少傾向が続いています。2014年2月期以降は「横ばい」傾向が見られますが、これで、「売上高減少に歯止め」がかかった判断するには、まだ、先行き不安があるように思われます。

ちなみに、2011年2月期の売上高は約8347億2300万円→2016年2月期の売上高・約7907億800万円。この期間で売上高は約440億1500万円減少。

この期間に、以下、(a)国内総店舗数の減少、(b)期末売場面積の減少、がありましたが、売上高減少の要因は、この(a)、(b)、この2つだけによるものではないと考えられます。

(a)2011年2月期から2016年2月期における国内総店舗数の増減は、2011年2月期-27店舗→2016年2月期-23店舗。

(b)期末売場面積の増減は、2011年2月期-92万4980㎡→2016年2月期-87万1437㎡。

●既存店売上高伸び率(前年比-赤折れ線グラフ)は、2014年2月期の1.2%(前年比102%)が最高値。それ以外の年は、「前年割れ」または「横ばい」です。この傾向値を見ていますと、既存店の売上高伸び率(前年比)を、これから先、「前年超-101%以上」に持ち上げるのは決して容易なことではない気がします。

②株式会社そごう・西武の売上総利益率と販管費率の推移

007(図-2)は、2011年2月期から2016年2月期における「売上総利益率と販管費率の推移グラフ」です。

見ての通りですが、2011年2月期から2016年2月期、6年間にわたって「販管費率>売上総利益率」が続いています。こ大変厳しい損益収支状況にあることが見てとれます。

③株式会社そごう・西武の 経常利益率と当期純利益率の推移

009(図-3)は、2011年2月期から2016年2月期における「経常利益率と当期純利益率の推移グラフ」です。

これを見ると、「百貨店経営は大変厳しい」、「先行き、赤字経営に陥るリスク大」、そんな悲観的考えが浮かばないでもありません。これから先も、まだまだ、「百貨店 冬の時代」が続くのでしょうか。・・・・・。

013

|

« 2016年7月 | トップページ | 2017年1月 »