« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

ファッションセンターしまむら仙川店 2011年6月16日オープン

ファッションセンターしまむら仙川店を出店-調布市仙川町で2店舗目の出店

2011年6月16日、ファッションセンターしまむらは、6月10日に開店した「いなげや調布仙川SC」内に「しまむら仙川店」をオープンしました。

001 ファッションセンターしまむら・仙川店が出店した「いなげや調布仙川SC」の概要は以下の通り。

所在地---東京都調布市仙川町3-4-1

敷地面積---13532㎡

延床面積--- 7181㎡

いなげや直営売場面積---2212㎡

初年度売上目標---23億4200万円

駐車場---162台

004 ファッションセンターしまむらは調布市仙川町で2店舗体勢に

ファッションセンターしまむらは、2010年10月7日に島忠ホームズ仙川SC内に「しまむら島忠ホームズ仙川店」を出店しています。したがって、2011年6月16日に出店した「ファッションセンターしまむら仙川店」は調布市仙川町の2店舗めになります。

「しまむら仙川店」と「しまむら島忠ホームズ仙川店」の店間距離は約1㎞という至近距離です。こんなに近い店間距離にもかかわらず、仙川町で2店舗体勢をとった理由は、①先に出店した「しまむら島忠ホームズ店」の売上が余程、順調に推移していること、②2店の店間距離が約1㎞と近くとも、それぞれの店の別商圏を設定できるだけの豊富な商圏人口が見込める、この2点が考えられます。

ちなみに、食品スーパー・いなげや調布仙川店の、すぐ隣といってもいい場所には、競争店である「ライフ調布仙川店(2008年6月19日開店・売場面積908㎡・初年度売上目標15億円)」がありますが、ライフ調布仙川店出店時に見込んでいた商圏人口は次のような数字でした。

一次商圏人口-5901世帯、二次商圏人口-7523世帯、合計13424世帯

これは推測ですが、食品スーパーチェーン・ライフコーポレーションは、ライフ調布仙川店の商圏エリア設定するにあたって、次のようなことを考えたのではないかと思われます。

①仙川町の商圏は国道2号線と京王新宿線で商圏分断されるので、2つの商圏エリア設定が可能。また、2つの商圏を設定しても、食品スーパーマーケットを十分に支えられるだけの商圏人口をそれぞれ見込むことができる。

おそらく、ファッションセンターしまむらも「同じ考え」だったのではないでしょうか。しまむら仙川店、しまむら島忠ホームズ仙川店、それぞれに、すくなくとも、13000世帯~15000世帯の商圏人口が確実に見込まれると考えたのではないかと思われます。それだけ、調布市仙川町の商圏人口は大きいと確信した上での2店舗体勢であると思います。

006 かつて、ファッションセンターしまむらの、ある経営トップの方が、「しまむらの店と店との距離が約2㎞離れていれば、一つの町でも2店舗の経営が成り立つ。2店の売上に、それほど大きな影響は無い」と言ったことがあります。

この考えであれば、調布市仙川町の商圏エリアと商圏人口は、ファッションセンターしまむらの店が2店舗でも十分に経営が成り立つだけの容量を持っていると思われます。仙川町の場合、しまむらの店と店との距離は、約1㎞という距離でも、それほど大きな問題にすることもないのかもしれません。

008 ファッションセンターしまむら、東京都の店舗数が34店舗に

ファッションセンターしまむらは東京都への多店舗出店を重要課題のひとつとしていますが、しまむら仙川店の出店で、東京都における店舗数は34店舗(2011年6月16日時点)になりました。

ファッションセンターしまむらの東京都における店舗数は2010年2月末時点で23店舗、2011年2月末時点では31店舗。そして、2011年3月~6月16日の間に、茗荷谷駅前店、豊田南店、仙川店の3店を出店していますから、現時点における「ファッションセンターしまむら」の東京都における店舗数は34店舗です。これから先、ファッションセンターしまむらが、東京都における出店で、調布市仙川町で展開した2店舗出店体勢という考え方も積極的に進めるとなれば、東京都での店舗数は急速に増加するのではないかと思われます。

|

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »